ハッカーと画家

こんにちは溝田です。
ちょっと昔の本ですが、未だにレビューなどはちらほら見るので詳しい内容は省きます。
個人的に良書なのでおすすめです。

実際のところ、ちょっと自己啓発本っぽい印象も与える内容なのですが
ソフトウェア開発にとって良いこととは? であったり、どういった考え方で進めるべきかなど実体験を元に綴られています。
また、デザインにも言及されていて色んな視点からの話が入っています。

そして後半でLispの素晴らしさを布教しています。さすがにLisperになるまではなかったけど、私自身当時、興味は持ちました(確かLisp動かすくらいまではやったはず)
IT系の技術に何らか精通していると更に入り込みやすくなるので、初心者というよりは中級者以降向けです。

コニョル

第2章くらいが個人的には山場

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>